2019年11月 4Kテレビ ラインアップ

TV04家電

2019年11月時点の4Kチューナー内蔵テレビ

4K放送開始から1年

2018年12月1日に4Kテレビの家庭向け本放送が開始されました。そこから1年近くが経過し各社の4Kチューナー内蔵テレビのラインアップも変化がありました。また、新たに参入してきたメーカーもあります。

shoplover
shoplover

4Kテレビを発売しているメーカーを整理します。ここでは4Kチューナー内蔵テレビに限定します。わざわざチューナーを別で買うのもめんどうですからね。

2019年11月時点のメーカーリスト

4Kチューナー内蔵テレビを発売しているメーカーは11社

2018年12月までに4Kチューナー内蔵テレビを発売していたメーカーのリストです。合計5社です。

  • シャープ
  • 東芝
  • 三菱電機
  • パナソニック
  • ハイセンス

その後、参入してきたメーカーがあります。2019年11月時点で販売しているメーカーだけをリストアップしています。括弧のなかは発売時期です。

  • ソニー (2019年4月)
  • LGエレクトロニクス (2019年4月)
  • ピクセラ (2019年4月)
  • フナイ (2019年7月)

シャープ AQUOS

  • 2001年よりAQUOSブランドで液晶テレビを販売している歴史があります
  • 2019年11月時点で8Kチューナー内蔵のテレビを発売している唯一のメーカーです
2019年11月 4Kテレビ シャープ編
2019年11月時点のシャープの4Kチューナー内蔵テレビのラインアップです。8Kチューナー内蔵モデルは2019年には発売されていませんので、2018年発売のAX1ラインを買うしか選択肢がありません。

AQUOS製品ページ(外部サイト)

東芝 REGZA

  • 映像処理の技術には定評があり専門誌などで高い評価を受けることが多いメーカーです
2019年11月 4Kテレビ 東芝編
2019年11月時点の東芝の4Kチューナー内蔵テレビのラインアップです。有機EL、タイムシフトマシンなど魅力的な機能が揃っています。

ホームページ:REGZA製品ページ(外部サイト)

三菱電機 REAL

  • ブルーレイ録画機との一体型に特徴があります。
2019年11月 4Kテレビ 三菱電機編
2019年11月時点の三菱電機の4Kチューナー内蔵テレビのラインアップです。録画用のハードディスクやブルーレイ内蔵と「見る」「録る」「残す」を1台で済ませられます。

ホームページ:REAL製品ページ(外部サイト)

パナソニック VIERA

  • 映像、音声ともに劇場に居るかのような豪華なモデルが揃っています。
2019年11月 4Kテレビ パナソニック編
2019年11月時点のパナソニックの4Kチューナー内蔵テレビのラインアップです。映像・音声ともにシアターレベルのものを装備しています。

ホームページ:VIERA製品ページ(外部サイト)

ハイセンス 

  • 東芝REGZAの技術を利用しています。高画質でかつ比較的安価で手に入りやすい製品です。
2019年11月 4Kテレビ ハイセンス編
2019年11月時点のハイセンスの4Kチューナー内蔵テレビのラインアップです。東芝の技術を手に入れて比較的手に入れやすい価格でテレビを販売しているハイセンス。外国製といっても侮れません。

ホームページ:ハイセンス製品ページ(外部サイト)

ソニー BRAVIA

  • 4K本放送開始時点には間に合いませんでしたが、ようやくラインアップを揃えました
2019年11月 4Kテレビ ソニー編
2019年11月時点のソニーの4Kチューナー内蔵テレビのラインアップです。4Kチューナ付属テレビの市場投入が遅れていましたが、大きなサイズを揃えてようやく本気を出してきました。

ホームページ:BRAVIA製品ページ(外部サイト)

LGエレクトロニクス

  • パネルメーカーが作るテレビは大型画面とお手頃な価格が魅力です

(有機ELパネル)

2019年11月 4Kテレビ LGエレクトロニクス(有機EL)編
2019年11月時点のLGエレクトロニクスの有機ELを採用した4Kチューナー内蔵テレビのラインアップです。8Kパネルの88型サイズなどさすがに有機ELパネルの製造メーカーだけのことはあります。

(普通のパネル)

2019年11月 4Kテレビ LGエレクトロニクス編
2019年11月時点のLGエレクトロニクスの4Kチューナー内蔵テレビのラインアップです。有機EL以外のパネルを使ったものを紹介します。

ホームページ:LGエレクトロニクス製品ページ(外部サイト)

ピクセラ

  • 新規参入メーカーは視点が既存メーカーとは違うところが魅力です
2019年11月 4Kテレビ ピクセラ編
2019年11月時点のピクセラの4Kチューナー内蔵テレビのラインアップです。歴史ある家電メーカーではないピクセラ市場参入はマーケットになにをもたらせてくれるでしょうか。

ホームページ:ピクセラ製品ページ(外部サイト)

フナイ

  • 米国市場で健闘しているフナイのテレビヤマダ電機で販売されています
2019年11月 4Kテレビ フナイ編
2019年11月 4Kテレビ フナイ編フナイ4Kテレビの特徴日本ではマーケットシェアは高くないですが、米国ではしっかりブランド認知をされている企業です。そのフナイがヤマダ電機とタッグを組み4Kチューナー内蔵テレビを販売しています。流通...

ホームページ:フナイ製品ページ(外部サイト)

光回線で4K/8K放送を見る

スカパー光回線が4K/8K放送を提供開始

4K8K放送を視聴するには、アンテナを始めとして各種設備を4K/8K対応にしなければなりません。特に少し古いマンションなどの場合には、その設備更新には莫大な費用がかかる場合があります。

スカパーは光回線テレビにおいて、新4K/8K衛星放送の全チャンネルの提供を始めました。

光回線で見る スカパー!4K|衛星放送のスカパー!
光回線を使ったテレビサービスにおいて、2019年9月1日(日)より、新4K8K衛星放送を開始しました。それに先立ち、視聴に用いる「光対応 新4K8K衛星放送アダプター」の販売について、2019年8月26日(月)より申込受付を開始しました。

お手軽に4K/8Kを見られるスカパーへの加入はこちらからどうぞ。

コメント