2019年1月 4Kチューナー内蔵テレビ パナソニック編

4Kテレビお薦め商品

パナソニックの4Kチューナー内蔵テレビ

漸く出てきました。2018年12月1日から始まったBS/CS4K放送ですが、パナソニックは放送開始までにチューナー付きテレビを発売していませんでした。待っていた方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

では、ラインアップを見ていきます。

GX850シリーズ

上位機種のGX850シリーズは以下の2点でアピールしています。

  • ドルビーアトモス対応
  • 地震でも倒れにくい
4Kチューナー内蔵 液晶テレビ GX850シリーズ | 商品一覧 | テレビ ビエラ | 東京2020オリンピック・パラリンピック公式テレビ | Panasonic
パナソニックのテレビのサイトです。大画面4K高画質、転倒防止スタンド採用の4Kチューナー内蔵&ドルビーアトモス対応テレビ「TH-65GX850」「TH-55GX850」「TH-49GX850」「TH-43GX850」の特長についてご紹介します。

外付けHDDを付ければ録画できますが、BS4K放送のチューナーは1台ですので、同時には1チャンネルしか視聴(録画)できません。

チューナー台数
(地デジ/BS・CS/BS・CS4K)
スカパー
4Kチューナー
HDMI端子
3台/3台/1台なし4個(1個はARC対応)

65型/55型/49型/43型の4サイズが用意されています。

BS/CS 4Kチューナーが1台搭載です。最上位機種にしては物足りないでしょうか。

GX750シリーズ

普及モデルのGX750シリーズは、GX850モデルとの大きな違いは以下の3点です。

  • ドルビーアトモス対応ではない
  • 地震でも倒れにくい仕組みではない
  • 地デジ、BS/CSチューナーの数が少ない
4Kチューナー内蔵 液晶テレビ GX750シリーズ | 商品一覧 | テレビ ビエラ | 東京2020オリンピック・パラリンピック公式テレビ | Panasonic
パナソニックのテレビのサイトです。大画面4K高画質、4Kチューナー内蔵テレビ「TH-49GX750」「TH-43GX750」の特長についてご紹介します。

大きな違いに見えますが、どのくらいの価格差が出るのか注目です。

チューナー台数
(地デジ/BS・CS/BS・CS4K)
スカパー
4Kチューナー
HDMI端子
2台/2台/1台なし3個(1個はARC対応)

49型/43型の2サイズが用意されています。

まとめ

他社から発売が遅れたわりには、普通の仕様で発売してきました。パナソニックのことですので、有機ELモデルなどの発売も待たれます。

コメント